[掲示板に戻る] [一覧表示に戻る] [新着表示に戻る] [ツリー表示に戻る] []
過去ログ[0002]
過去ログ
検 索
キーワード 条件 表示
【標準表示/一覧表示

響が学園祭に?!   たまちゃん : 2011/10/06(Thu) 10:12 No.972

響初めての学園祭出演が決まり、昨日は最終となる練習会が行われた。

川崎看護学校から依頼があったのは、数ヶ月前。
若者が打合せから、企画構成のすべてを行い、準備をしてきた。
15周年記念のビデオを見せたらしく、リクエストが大掛かりな演目が多いのだ。
大人の演目「ゲットバック」のリクエストもあり、
大人も大張り切り。・・・乞うご期待といったところ。
お時間のある方はのぞきに来てください。

川崎市看護学校学園祭(ネットで行き方はご確認ください)
日時:10月9日(日)14:00〜15:00
会場:学園体育館   

また、この日は毎年外国に日本文化を紹介するイベント「ジャパンデイ」
の企画者Kさんたちが来て、パリ公演にぜひとのおさそいが・・・
このことは・・・またの機会に紹介しましょう。


写真はすくらむ21での練習。「流星群」と「水口ばやし」

拡大 111005_204427[1].jpg 拡大 111005_204354[1].jpg 拡大 111005_210212[1].jpg

事務局会議(^-^)   とみっちょ : 2011/10/05(Wed) 00:31 No.970

今夜は、田楽座川崎実行委員会でんでんの事務局会議でした。

私は、仕事が終わらず20:20頃にやっと駆け込みました。

P4Jでよく顔を合わせているメンバーでしたが、若者が5人、大人が4人で話し合いました。

楽しい実行委員会にしていこうと、
でんでんグッズ考えたり、宣伝方法や講習会について話し合ったりしました。

帰宅してから我が家で、また懐かしいでんでんアイテムを発見

これから、どんどん実行委員をふやしていかねば

広報担当も決めなければいけなかったですね

我こそはと思う方、何かできるかなと思ってくれた方、ぜひ一緒に楽しんでいきましょう

拡大 111004_2251~01.jpg 拡大 111004_2324~01.jpg 拡大 111004_2325~01.jpg

困難を乗り越えて!   たまちゃん : 2011/10/02(Sun) 23:59 No.968

11月23日「和太鼓でつながろう!震災復興をめざすコンサート」
の第3回合同練習会が今までの会場を川崎北部市場に移して行われた。(10月2日)

2回行われた練習会場が、音の問題で1週に3時間までとの制限がかかり、
やむなく急ぎ会場を移しての練習。

今日の会場は、川崎北部市場の大会議室。
実際のホールの広さがあり、本番のイメージもつかめてきた。
参加者は150名余り、細かいところのすり合わせをおこなう。
同じ曲でもチームが違えば違った表現となるのは当然。
それをすり合わせて、まるでひとつのチームのように仕上げていく。

この会場を急遽借りることが出来たはも、和太鼓を通してのつながりの賜物。
宮前太鼓ミーティングの責任者の口利きで借りられたのだ。
市場のほうでは、コンサートの趣旨を理解してくれ快く場所提供となった。

チケット販売も始まり、本番に向けフル回転。きっと感動的なステージになるとの確信が生まれた。

写真はフィナーレに踊られるエイサー「笑顔のまんま」のパーランクの踊りとコンサートのチラシ。

拡大 111002_165628[1].jpg 拡大 111002_165530[1].jpg 拡大 110917_113145[1].jpg

サンドラ来日(^o^)   とみっちょ : 2011/09/29(Thu) 21:13 No.967

1年ぶりのサンドラの来日

レミやサンドラに会ってからは、スイスも近く感じます。

いよいよサンドラも仕事が具体的になりそう
やはり日本とスイスを繋ぐ人になりそうです。

スイス・ジュネーブで和風レストランを開くとか…。

次にスイスに行ったらサンドラのお店に行きたいです。


久しぶりの響参加で、いくつかの演目をサンドラも叩いていきました

サンドラが来るので…と、久々の仲間も駆けつけて。
最後にみんなで記念撮影をしました。

練習後は、サンドラ、Tまちゃん、K石ママ、 Aゆみちゃん、とみっちょで、もつ焼き食べに行きました
最近、もつ焼きづいている響です。

拡大 110928_2034~01_0001.jpg 拡大 110928_2118~01_0001.jpg 拡大 110928_2224~01_0001.jpg

早速、ありがとうございます。   稲城乃組長 : 2011/09/27(Tue) 12:32 No.966

練習予定等をMailでお知らせ頂ければ、助かります。私の住む稲城市から、さほど離れていないと思いますので、予定を調整して参ります。

よろしくお願い致します。

組長さま    : 2011/09/27(Tue) 09:53 No.965

組長さまの横浜龍桜組に行ってみました。
初ツイートしてみようと挑戦しましたが、でした。

響にも阿波踊り大好き人間がいますよー

組長さま    : 2011/09/27(Tue) 09:35 No.964

書き込みありがとうございます

11月のコンサートに向けて、出演者全員で頑張っています
氷上太鼓の皆さんのこともご存じなのですね

組長さまと近々お会いできることを期待しています.

麻生コンサート   稲城乃組長 : 2011/09/27(Tue) 07:44 No.963

響の皆様!始めまして!東京都稲城市より参上いたしました。11月の麻生コンサートは、自宅から会場が近いので、必ず行きたいと思います。

何か、私にお手伝いが出来る事があれば、お手伝いさせて下さい。
もし、ご迷惑でなければ、近々にお会い出来れば、有り難いです。よろしくお願い致します。

稲城乃組長HP アメブロ
【横浜龍桜組】です。

お疲れ様でした   OHANA  tomo : 2011/09/26(Mon) 18:18 No.962  HomePage

はなともこと、OHANAのともです。

陸前高田行きの参加者の皆さんお疲れ様でした。

無事に、交流が出来・参加者がたくさんの思いを胸に元気で帰って来れた事が、支えてくれて見守っていて下さった方々へのいちばんのお土産かな?と思っています。

今回参加出来なかった方も、まわりの参加者の感想や感じた事を聞いてみて下さい。


ぞうさん、労いのお言葉有難うございます。とても嬉しいです。
自分なりに出来る事は頑張ったつもりですが、まだまだ行き届かない事もあったのでは?と思ったりもしますが(*^_^*)


それから、現地からの報告をこちらにも載せて下さったYママさん有難うございます。


今後も、麻生でのコンサートもありますし、色々と微力ながら頑張りたいと思います。皆さまよろしくお願いいたします。

hana Tomo ちゃん、お疲れ様!   ぞうさん : 2011/09/25(Sun) 23:52 No.961

今回の旅のもう一人の立役者のハナTもちゃん、本当にお疲れ様でした。

今回の旅では、痒いところに手が届くと言ってもいいほど、行き
届いた配慮をしていただきました。

わからないことがあると、すぐにハナTもちゃんにメールをして
いた私でした。

参加団体がたくさんあったので、その調整にご苦労があったことと
思います。

たくさんの苦労があるはずなのに、いつも妖精(フランス人形だ
ったかな?)のようにすがすがしいお姿でしたよ。

実行委員会やその他の打ち合わせで、この間、何回会ったことでしょう、というほど会いましたね。

これが終わっても、まだまだお世話になることが多いので、よろしくお願いします。

本当に、ありがとうございました。

やまもとさん、お疲れ様でした   ぞうさん : 2011/09/25(Sun) 23:24 No.960

OHANAのやまもとさん、今回の陸前高田への和太鼓交流の企画、現地との連絡、いろいろな手配、その他、本当にお疲れ様でした。

献奏が実現できたのもやまもとさんの粘り強い交渉があったからと
聞いています。

あの場所での、あの時間は私の胸の奥深くに刻み込まれました。

現地に実際に立つと、人間の力など到底及びもつかない自然の力の
すごさにただただ圧倒されました。

科学や技術が進歩していない昔は、自然に対して、今よりも感謝と
畏れを持って生活していたと思います。だからこそ、天の神様や
自然と人間をつなぐために民族芸能は生まれてきたんだと思いま
した。

神に祈り、天に感謝し、心から舞い、祈りながら太鼓をたたき、
・・・、人々の生活の中に芸能があったんだと、そんなことも痛烈に感じました。

太鼓に出会った私たちは、自然の営みに畏敬の念を抱きながら、
昔から伝わってきている民族芸能の心を意識していきたいと思い
ました。

いろいろな人との出会いからもたくさんのことを感じさせていただ
いた旅でした。
やまもとさんの尽力に感謝しています。

ついでのようですが、うわさの牛丼もおいしくいただき、お漬物やハム・ソーセージに加えて、モーニングコーヒーの手配までしていただくなど、行き届いた配慮にも感謝しております。

お疲れのところ、今日の練習会まで参加して、大変だったと思います。今日はゆっくり休んで疲れをとってくださいね。

本当に、ありがとうございました。

心一つ    : 2011/09/25(Sun) 21:25 No.959

今日の合同稽古お疲れ様でした。

陸前高田へ行ったメンバーを代表して、キンタのS木Yかちゃんから一言ありました。
じゃんけんで負け、一言を言うことになったYかちゃんでしたが、途中声を詰まらせながら話してくれました。
「なにもなかったところがなにもないのではなく、いろんなものがあったところなのに、なにも無くなっていた。」という報告はとてもリアルでした。
そして、Yかちゃんのただただ涙を流していた時間は、TVでは決して伝えきれない現状・現地の方々の悲しみ・苦しみ・それでも1歩踏み出そうとしている力強さ・私達を向かい入れようとしてくださる暖かい心を表していたのでしょうか。
そこにいた皆が心打たれました。
家族と共に暮らせる私達は、11月のコンサートを成功させることで少しでも何かをお返しできるよう努めましょう。
困難なことがありますが、心一つに踏み出しましょう

ありがとうございました   OHANAやまもと : 2011/09/25(Sun) 20:48 No.958  HomePage

陸前高田への和太鼓交流に参加された皆様、ご支援くださいました皆さま、無事に帰ることが出来ましたことを感謝します。
今回、計画の段階より、現地の人たちとの連絡調整を任され、お会いしたこともない、行った事もないという状態で様々な困難や葛藤がありました。
現地の人たちの事情やお気持ちを考え、こちらの求めも実現していくにはどうしたらよいか、どうなる事かと思いつつ、ひたすら願い祈りつつ、できる限りの想いを伝えることに気を遣いました。
満点とは言えないですが、「遠くからよく来てくれたね」「また来てね」の声、「行って良かった。」「かえりたくない」の声を聴きホッといたしました。
それぞれの思いが繋がり、高田の人たちにも通じましたね。被災地は、人々が体験されたことは言葉には出せないほどでしたが、それでも太陽も、満天の星空も癒してくれました。
太鼓の音色が皆さんの心に届きましたね。献奏の時、ささげられた音色が天に届いたことを確信しました。
これで終わることなくこれからの繋がりを大切にしていきたいと思いました。
みなさまのご協力を心より感謝申し上げます。
そして、11月23日のコンサートに向けて準備を加速していきましょう。
お疲れ様でした。

T橋小 練習会   Yママ  : 2011/09/25(Sun) 17:53 No.957

陸前高田から昨夜(正確には今日)溝の口組は12時過ぎに
成瀬組は12時40分頃、無事に帰ってきました 

そして疲れも見せずに、今朝9時から「復興支援をめざすコンサート」の練習会が
ありました 

真っ赤に日焼けした顔・顔・顔 (遮るものが何も無いから 
色々な思いが詰まっていることでしょう 

 チラシにある通り、和太鼓でつながろう
 皆様ぜひいらして下さいませ 

二枚目の写真は「ぶち合わせ太鼓」、
三枚目はTまちゃんの熱血歌唱指導があった「木遣りにぎわい太鼓」です。


近隣から太鼓の音が少々.....
消音対策をほどこしての練習となりました 




拡大 土橋小練習会 004.jpg 拡大 土橋小練習会 007.jpg 拡大 土橋小練習会 009.jpg

TAKATA‐FESTA    tomo@ohana  : 2011/09/24(Sat) 18:46 No.956

冷たい風が吹いていて、寒かったですが、それを吹き飛ばす位
みんな楽しく,笑顔いっぱいで出演出来ました

11月23日の麻生でのコンサートにゲスト出演してくれる「氷上太鼓」の演奏も見て、
顔合わせ打ち合わせも出来ました(^-^)

ただ今帰りのバスの中です 
みーんなすごく疲れているとは思いますが、生き生きした表情に、
それぞれ話もはずんでいますよ。

被災者の方々との交流・繋がりの実りも多かった事はもちろんですが、
星振るコテージでの宿泊、今日のコンサート会場での素敵なロケーションでの
ゆったりとした時間「思いがけず命のせんたくが出来た」と言う言葉に、
私も同じ様に思いました。

今回参加は出来なくても、色々アドバイスいただいた実行委員会の皆様、
この陸前高田行きを応援・支援して下さった皆様、有難うございました。

拡大 2011092416350001.jpg 拡大 2011092416370000.jpg

氷上太鼓   K石ママ  : 2011/09/24(Sat) 18:35 No.955

注目の氷上太鼓は、3曲演奏がありました。

力強い創作のあとは、地元陸前高田市に伝わる七夕祭の氷上太鼓バージョンでした。

氷上太鼓は、震災後四十九日を過ぎてから、各避難所を演奏してまわったといいます。
太鼓は無事でしたが、衣装など流されたため、Tシャツを衣装にしての演奏でした。

高田市は震災で9割が壊滅しました。
七夕の山車12台のうち、わずか3台が難を逃れ、その3台を引いて、
瓦礫しかないかつての町並みを涙を流しながら練り歩いたということです。
いつもなら、街角の笑顔にテンションを上げていくのに、
今年はその街角や人がなかった。
「祭があって、前に進める。」「こんな事は、今年だけにしたい。」

眼下に広がる雄大な山並みとは掛け離れた、昨日目の当たりにした光景、
現実が蘇ります。

拡大 2011092416370001.jpg

フェスタ開幕   K石ママ  : 2011/09/24(Sat) 14:46 No.954

タカタフェスタの開幕です。山の上に広場を設えた背景抜群の会場です。

宮沢賢治がこよなく愛したというこの高原は、明るい今見てみると素晴らしい景観です。
そういえば、キャンプ場にあった素敵な彫刻のオブジェは「風の又三郎」だったらしい。

一番手は、よさこいチーム。メンバーを震災で失い、葛藤の中から活動再開しました。
「前を見て歩き始めよう。」と。

大船渡からのユニットのエンディングのテーマは「そこから始めよう。」でした。

昭和35年生まれの数人が発起人になって開催された今回のフェスタ。
自らも被災しながら、みんなと一緒に頑張っていきたいという思いで繋がった、
緩やかで、心が一つの空間でした。

スイスのレザンで演奏したアートフェスティバルを思い出しましたよ

演目は、ぶち合わせ・秩父・走楽、最後に笑顔でした。
会場のみんなが手拍子や、歌詞を口ずさむなど、とてもいい雰囲気でした。

ステージが少々斜めになっていて、
いやまいったな「ぶち合わせ」がまにあわないんだ〜(-.-;)私だけ

「がんばろう東北」「がんばろう岩手」の文字を、この間たくさん見ました。
現地で見るこの文字は離れたところで見るのとは違い、違和感も無く、まさに胸に迫ります。

がんばっぺし陸前高田。
こうして自分を、互いを励ましあっていらっしゃいました。
陸前高田交流の旅が終わろうとしています。
まだまだ感じたこと、見たことを充分つくせません。
気をつけて帰ります

拡大 2011092416350000.jpg

ゆったりな時間    tomo@ohana  : 2011/09/24(Sat) 11:57 No.953

今日は昨日の強行スケジュールと違って、TAKATA‐FESTAの出演時間まで、
ゆったり穏やかな時間の中過ごしています。

ミーティング・リハを終え、S戸さん・A弓ちゃん・Rかちゃんによる
演奏と歌のミニコンサートもしちゃいました。

昨日、壮絶な震災の後を見たり、聞いたり、交流演奏が続いた翌日には、
こんなゆったり穏やかな時間が、どれだけ幸せな事かと感じます 

拡大 2011092411390000.jpg 拡大 2011092411390001.jpg 拡大 2011092411400000.jpg

星座の森の朝    tomo@ohana  : 2011/09/24(Sat) 11:12 No.952

おはようございます。

私達は、昨日『星座の森』という所のコテージに宿泊しました。
ここは山の上で肌寒いですが、夜はプラネタリウムみたいな星空。
流れ星もいくつも発見(^-^)

  S戸さんのほろ酔い笛(ジュピター)を堪能しました。
  横になった途端、気を失いました。

  朝の、キャンプ場は素晴らしい景色です。  by K石ママ


これからミーティングをして出演する『TAKATA‐FESTA』会場へ、徒歩で数分の所

拡大 2011092410160000.jpg 拡大 2011092410160001.jpg 拡大 2011092410170000.jpg

高田高校仮設住宅にて A   tomo@ohana  : 2011/09/23(Fri) 21:42 No.951

ここでも、一ヶ所目の仮設住宅と同じ様な内容ですすめていきましたが、
S戸さんの篠笛で「斉太郎節」、A弓ちゃんの唄「浜辺の唄、赤トンボ」を入れ、
静かな時間が流れました。

とにかく皆さんあたたかく私達を迎え入れてくれて、
終了後も、私達チームと仮設住宅の方々の輪が自然とあちこちに広がり、

それは私も思いましたが、玉ちゃんもこれが、いちばんの意味のある交流
この時間を大事にしたくて、予定をかえてその交流時間を長くし、
ゆったりとした素晴らしい時を過ごしました。

この1日での、多くの素敵な実りを得る事が出来た事に
私達が感謝したいと思います。

それにしても、昼間は真夏日の様な暑さでしたが、
夕方からは冬って思ってしまう位の寒さです。

これから向かう、宿泊施設は標高が高いのでもっと寒いと、
仮設住宅の方の話でした。 さぁどの位の気温かな

拡大 2011092318150000.jpg 拡大 2011092318150001.jpg 拡大 2011092318150002.jpg

| | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | |  []